2018/12/28(金)忘年LT大会

昨日は「エンジニアの登壇を応援する会」の忘年LT大会でした。

初LT登壇キメました。

よかった点

  • 開幕デスボイスは皆さんの記憶に良くも悪くも爪跡残せたみたいでよかった。たぶん出オチ感強いのでもうやんないと思われ。
  • エモさを意識してしゃべれた

反省点

  • 相変わらず聴衆をしっかり見ることができなかった。余裕のなさ
  • カラオケの要領でマイク持ってたら、息をマイクが拾ってノイズだった。もう少し離してしゃべるのが良さそう
  • たぶんゆらゆら動く癖が発動してた。意識が行き届かなかった

他の皆さんは本当に素晴らしい方ばかりでした。

首無しキリンさん。DOERAI旋風を巻き起こしてました。社内勉強会が盛んな会社羨ましい。

FORTEさん。ベストスピーカーおめでとうございます。ポッドキャストもそうだけど、落ち着いた語り口がとても聴きやすいです。

awanaさん。だいぶお忙しかったみたいで短期間でスライド生やしたにも関わらず素晴らしい完成度。会場を盛り上げてらっしゃいました。

hekitterさん。最強クイズ王。マイク無しで発表していました。会場も広かったし、ちと無謀だったかも、と個人的には思いました。

mottox2さん。激強エンジニアの印象が強いですが、もっとさんも2018年覚醒組なんですよね。スライドの色使いがとてもキレイ。

おやかたさん。同人誌の作り方やワンストップ見積もり本の方。見た目あまり「親方」っぽくない。作り方本買いました。

nagitterさん。発表前に少しお話しましたが、同じ40代。ご経験豊富な様子を語られていました。

よしたくさん。彼のスライドはとてもキレイで素敵。さらにトークもキレるとなるともはや激強ではないか?


ひとまずこれで非技術的内容ではありますが、LTをするというステップを踏むことができました。来年はもっと数を増やすことができればと思っています。質の向上もね。

今からやぞ!!

2018/12/22(土)#しがないラジオ 2 Advent Calendar 2018

本エントリは、#しがないラジオ 2 Advent Calendar 2018 22日目の記事です。 21日目はtai-heyさんでした。つよい。。。

まずはじめに、先日のしがないMeetupに参加登録して、登録したことをすっかり忘れて無断不参加してしまったことをお詫び申し上げます。

さて。

私は今年の10月にTwitter転職の結果、組み込み系からウェブ系ベンチャーに転職しまして、そこそこたのしくそこそこしんどくやらさせていただいている最中なのですが、その途中経過についてご報告したいと思います。

スペック

2002年新卒で入社し、16年半、組み込み系の業界で働いて来ました。 C言語でオブジェクト指向プログラミングができます。 Windows、Mac、Linuxでの開発経験があります。 Shell、Ruby、Pythonなどのスクリプト言語を使うのが好きで、ワンライナーとか自動化スクリプトとかいろいろ書き捨ててきました。

なんか職務経歴書みたいになりましたな。

Twitter転職

6月はじめにツイートを流しました。

並行して転職エージェントにも何社か会いました。こちらは正直鳴かず飛ばず。今までと年収がさほど変わらなかったり、SESだったり。

結局Twitterからのオファーで面談しに行ったのは2社、1社からはサイレントお祈りされ、もう1社が、今いる会社になります。

何をがんばったか

今あらためて振り返ると、面談のときになるべく余裕を持った姿勢で臨む、なるべくありのままを見てもらうようにする、くらいでしたでしょうかね。

前職と違うところ

  • 前職
    • 全社で300人程度の中小企業
    • 大半受託開発とちょっと自社製品
    • C、C++、C#での開発が多い。少しウェブ系もやってる部門もあった
    • いちど主任にはなったことあるけど、なんだかんだあってヒラに降格
    • 連絡手段は電話とメール
  • 現職
    • 社長含めて5人のベンチャー
    • うちエンジニアは私とテックリードの二人
    • バックエンドPHP、フロントエンドJavaScriptベースのいろいろ
    • 飲み物会社持ち
    • 連絡手段はほぼSlack

今までと同じところ

  • 問題解決に至る手順、手法
  • お客様第一

ひとつずつ深掘ってみましょう。

問題解決

やってることは、結局以下の繰り返しなんですよね。

  • わからないことがある
  • 調べる
  • 仮説を立てる
  • 検証する
  • 当たりならよし、外れなら再度調べたり別の仮説を立てたり、の繰り返し
お客様第一

正直な話をしますと、職歴16年になりますが、この気持ちが私はいまひとつ理解ができません。私はどちらかというと、仲間のために働くことが働き甲斐につながっていると感じています。なので、うまいことお客さんも仲間のうちに巻き込むことができれば、いいやる気を維持できるのではないかと、今、思いました。

仕事は人間同士のやりとりの上で成り立っています。この小さな輪を円満に回すことをやっていきたいなぁ、とぼんやり思っています。

これからのこと

ひとまず、バックエンドを担当していて、そこそこやっていけてる感は感じているので、この調子でフロントエンドもこなせるようになりたいところです。ゆくゆくは、なんでもできる、なんでも役に立つユーティリティプレイヤーを目指したいものです。


お次は一日空いてtofu511さんです。よろしくお願いします。

2018/12/18(火)Everyone Outputer Advent Calendar 18日目

この記事は Everyone Outputer Advent Calendar 18日目の記事です。(https://adventar.org/calendars/3225) 17日目はyoshitaku_jp先生でした。

luuk-wouters-387738-unsplash.jpg

本エントリでは「ハードロック/ヘヴィメタルとエンジニアの親和性」と銘打って、エンジニア諸氏にヘヴィメタルの素晴らしさをご理解いただきたいと思う。

さて。

まずは大前提として、ヘヴィメタル音楽があまねく音楽ジャンルの中で至高であると言うことを申し上げたい。(いきなりの大上段

総合音楽であること

ギター、ベース、ドラム、ヴォーカルという構成は近代音楽の完成された形であることは皆様ご納得いただけるかと思う。

上記構成にキーボード、ストリングスなど加わることもままあろう。

当然ヘヴィメタルもまたこの構成を踏襲しており、至高たるに必要十分な素質を備えている。(言い切った

喜怒哀楽を高い振幅で表現可能であること

皆様はヘヴィメタルのヴォーカルと聞いてどのような姿を思い起こすだろうか?

かん高いハイトーンのシャウト。何言ってるかわからないデス声。

確かに慣れていない皆様にはそう聞こえるかも知れない。

だがしかし!

ヴォーカル表現の中で一般にデスボイスと呼ばれる歌唱方法は怒り、憎悪、悲しみを表現する最適な手段なのである!

他ジャンルを取り込んでもなおメタルであること

世界には様々なジャンルと融合してなおメタルであるバンドが多数存在する。

  • シンフォニックメタル
  • フォークメタル
  • ヴァイキングメタル
  • ラップメタル
  • プログレッシブメタル
  • エジプシャンメタル
  • 妖怪メタル

ほか、枚挙に暇がない。

このように究極の音楽であるヘヴィメタルがいかにしてエンジニアと融合しうるのか。

エンジニアは集中力を要する

日々難解な課題に取り組むエンジニアは、自らの精神世界と向き合う必要がある。このような時には余人に邪魔はされたくないものである。

ヘヴィメタルを聴くという行為は、厭世からの隔絶を意味する。

エンジニアは耳は空いている

昨今、Slackなどのビジネスチャットの普及により、コミュニケーション手段はますますネットワークへシフトしている。

電話や口頭の報告にこだわる必要性が薄れた今、聴力を仕事に割く必要性は無いと言っても良い。ならば音楽を聞くべきであることは当然の道理、その中でも最も優れたヘヴィメタルを聞くべきであることは神が降し給うた使命と言っても良い。

未だに口頭にこだわるような無知蒙昧な輩はケルベロスに食われてしまうがよい。(私怨含む

エンジニアはストレスフル

ことあるごとに「にゃーん」とつぶやくエンジニアのなんと多い事か。

世のエンジニアがストレスのはけ口を求めていることは容易に連想できよう。

そんな時にヘヴィメタルである。スカッと爽快、ストレスは地獄の業火とともに燃え尽きるのである。

以上から

エンジニアはヘヴィメタルを聞いてより良いプロダクトを生産すべきであると断言するものである。

・・・・・・・・・・・・・

最後に

本当にお目汚し申し訳ございませんでした!!!!!!

こう、ふざけた前提をいかにして真面目な議論として成立させるか、というアウトプットの実験は見事に失敗した感があります・・・

19日目はsteroid66さんです。よろしくお願いします。

OK キャンセル 確認 その他